「残念!」とならないように。

  2009年9月に我が家の「家族」となった「猿恋葦」。 そう言えばちょうど3年になる。 その間、「あ~死んじゃったかな~」→「でも少し残っている」 「今度は駄目か?」→「ん? 持ち直した?」 「もう諦めるか」→「いやいや、頑張ってるな~」と紆余曲折を辿ってきた。 折角3年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花は・・・?

  今日もサボテンの登場だ。 昨年8月にホームセンターで100円で買った「般若」。 それが今ではここまで太った。 ん?  ??? おっと~、間違えた~。 これは色反転したもので、ほんとうはこれ。 さあ、この般若、どんな「はんにゃ」を咲かせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花が楽しみ。

  昨年4月はこれだけだったのに、 今は、これと、 もう一つのこれと、 おまけのこれに、 ついでのこれ、 と、バンバン増えてしまった。 ただこのサボテン、名前がない。 なのでネットで調べてみると、「金盛丸」が有力に。 このサボテンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白紙の名札。

  5月に花を紹介した「快刀乱麻」。 水を飲んで、陽にあたり、風を受け、ここまで大きくなった。 ところでこの多肉、ちょっと特徴があるので、名札がなくても分かるとは思うのだが~・・・。 実際ネームプレートがこのように後ろを向いちゃったら~・・・? すかさず、「何も『かいと~らんわ』」って言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の奥方も。

  去年10月に我が家にやって来た「峨眉山」。 これだけ見ると分からないが、実はこれも「根なし」だった。 で、昨日の「ハオルチオイデス」と同じように寒さで葉っぱが全部枯れ落ち、「死んじゃったかな~?」って心配していたのだが・・・。 春になって何とか復活し、今ではこんなに元気になった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血を見るのは・・・。

  昨年11月の買った時の姿。 寒さに向かう時期に根なし苗を買うなんて、いい加減を絵に描いたようなオッサンだった。 案の定、写真は撮ってなかったが、ほとんど瀕死状態だった「ハオルチオイデス」。 それでも何とか生き延びて、7月がこの姿。 そして現在。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素晴らしい館だろ~。

  育苗トレイ(苗床)に軽石とレンガを配して作った「センペルビウム」の館。 昨年10月のことだ。 そして、5月、 7月と経過し、 今の姿。 だいぶ子どもが増えてきたので、軽石を無視し土を入れ、住み心地をよくしてやった。 そして一言、「オッサンの館は『な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虐待される旦那。

  これが~、 こうなって~、 こいつが~、 こう。 そして、こやつも~、 こうしてやった。 と、花も見飽きたのでカットした「クーペリー」。 これで思う存分成長してくれればいいのだが・・・。 それにしてもこの葉っぱ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いっそのこと・・・。

  いい形になってきた「巻絹」。 で、どういうわけか一株だけ咲いている。 センペルはどれも同じような花で新鮮味はないが、まあキレイなことは綺麗だ。 でも後ろに回ったら、「裾」の部分が枯葉でいっぱい。 これを丁寧に取って、土を寄せて、安定させた。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまった~。

  コンパクトにまとまっている「プロリフェラ」。 なかなかいい感じだ。 そしてもう一鉢。 これはもう何だかグチャグチャに・・・。 実はこれ、5月末の姿はこうで、 「花芽が沢山ついたわい」と喜んでいた。 ところが今、よくよく見ると、どうも花芽ではなく新芽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいから、いいから~。

「は~い、写真を取りますからね~」と言って、重い鉢を「よっこらしょ」とフレームの屋根に乗せた「エケベリア」の寄せ植え。 鉢もデッカイが、どれも「バカ」がつくくらい大きくなっちゃった。 特に右端の「花いかだ」は、この暑いのに二刀流の蕾をつけている。 「ほんとにまあ、何でこんなに伸びちゃったんだろう?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桶が住まい。

  わさび漬け(多分)の樽と言うか桶に植えられた「玉つづり」。 今年1月末の写真だ。 それが今では細い茎を頼りに、ここまで伸びてしまった。 ただ、高い場所に置いてあるので、地面まで届くのはまだまだ。 なので「『おけ』~、オーケー、まだ伸びても大丈夫だよ~」と言ってやりました~。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻歌を歌ってるような・・・。

  今日は吊り下げた「ネックレス系」の登場だ。 と、言っても大したものじゃない。 この「ルビーネックレス」2つと、 ごちゃ混ぜのが一鉢。 それにしてもこの暑さの中、枯れもせず頑張っている。 「ハンギング」だけに「ルン♪・ルン♪・ル~ン♪」って「はぎんぐ」しているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新色ではなかった。

  「んっ? 『乙女心』ってピンクの花だったっけ?」 と思って近づくと~、何か変。 「やられた~」 百日紅(さるすべり)の花が多肉の場所に侵食してきていたのだ。 「家主」はこれ。 「ピンクのキレイな花が咲いた」と喜んで損しちゃった。 突然変異の「しんしょく」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住所不定。

  比較的いい感じになってきた「樹氷」。 折角なので角度を変えてパチリ。 それにしてもこの多肉、鉢底穴が開いていないため、雨に当たらないよう結構気を使っている。 そして格好がついてきたので、「陽が当たりすぎないよう」「風通しを良く」と、しょっちゅう場所替えしている。 なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい加減にしてよ~。

  以前も登場してもらった「百恵」ちゃん。 4ヶ月経った今、ますます熟女ぶりを発揮している。 カットせずにおいた4人の「お子さま」も元気だ。 で、じ~っと見ていたら・・・。 「fuさん、そんなにじろじろ見ないでよ~」 「そして、記事にするのも『も~、も~え』~加減にしてよ~」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小遣い稼ぎにでも・・・。

  こんなのや、 こんなの。 そしてこんなのも。 一鉢でいろいろ楽しませてくれるハオルチアの「銀鶏」。 これが昨年8月。 で、今はこんなに育っている。 これだったら人さまに見せても恥ずかしくないだろう。 だったら「ぎんけい」つ病のオッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舌は健在

   先日、「愛犬」とともに紹介した「ベルロッティ」。 「ポチくん」の見張りの甲斐あって、カイガラムシにもやられず順調に育っている。 それにしてもだいぶ朽ちてきたこの犬。 ただ舌だけは原型を止めているような・・・? 「おい、ポチくん、オマエの『べろって~』、鼻と違って朽ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日はどうだった?

  間伸びして、葉の色も汚くなっちゃった「サブセシリス」。 管理の悪さがこんな結果になってしまったようだ。 ただ、びっくらこいたのは、表にまわると~・・・。 美味そうなきのこが生えている。 と言っても、食べたら多分天命を待つ前にあの世行き。 なので引っこ抜いてゴミ箱へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家に合った成長を。

  またまたサボテン記事。 昨年暮れにセリアで買ってきた「紅花うちわ」。 3本105円なので~、割り算すると~、単価35円だ~。 お~、電卓なしで出来ちゃったよ~。 まだまだ老化してないよな~。 そして4月中旬。 若干成長しているようにも・・・? で、暫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こじつけも・・・。

  多肉の面倒も覚束ないのに、「100円なら安いじゃんかよ~」と買ってきたサボテンの「オプンチア」。 6月下旬のことだ。 そして心配していた暑さも何のその、すくすくと育っている。 新芽だってこんなに出てきた。 それにしてもこのサボテン、覚えにくい名前だ。 どうしたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かい所に行ければ・・・。

  好き勝手に伸びている「高千穂」。 上から見たって、面白くも何ともない。 ただ、花だけは小さくて可愛らしい。 でもな~、今はいいけど寒くなったら多分ひどいことになっちゃうのだろうな~・・・? 冬だけでも、あっ「たかちほ~」にあずけられたらな~・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供向け雑誌にでも・・・。

  一ヶ月ほど前に「イモムシお化けがどうの」と書いた「峨角」。 だいぶ大きくなってきた。 で、角度を変えてみると、んっ? 花が咲いている。 それも、一種独特の今まで見たことがない面白れ~花だ。 これって、みんなに見せてやりたいので「子供の『がかく』」にでも投稿してみようかな~・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着ぐるみ脱いで。

  上から見ると整ってはいるのだが~・・・。 横からは茎が伸びて、気に入らない形。 まして枯れた葉っぱが足元を覆いつくしている。 そこで今回もせっせと下葉を取って、ようやく少しは見られる姿に。 このセンペル、名前は「ニグルム」なので~、 「『にぐるむ』脱いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慌てることなく。

  元気で、素晴らしい容姿の「ミセスジュゼッピー」なのだが~・・・。 枯れた下葉が気になる。 そのまま放置したら多分「ミセス」から「老婆」への衰退に。 なので丁寧に除去した。 と、今回は早めに対応し、「ろうば」いしないですみましたよ~。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ伸びそう。

  いい感じに伸びてきた「ロビンソン」。 7月21日のことだ。 ところが、一ヶ月ほど経った今見てみると、かなり型くずれ。 伸び過ぎて鉢から溢れちゃってるのだ。 なので速攻で超和風の「鉢」に植えてみた。 と言ってもこの多肉、植えにくく、単に「鉢の上に並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格好良くなったかな~?

  先日、竹でアクセントをつけたつもりで作った「鉢」。 ようやく塗装が終わった。 でも、ライトグリーンで塗ったのだが、カメラにへそを曲げられたようで水色に見える。 まっ、それはそれとして、竹の部分は黄色に。 続いて、得意の「達筆」で、チョチョイのチョイと書き上げた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焦った甲斐もなく・・・。

ビール缶に植えた「名無しセンペル」だが、折角貼り付けた絵が色褪せてしまった。 ただ~、それだけでなく~、「住人」の一部が腐り始めてしまったのだ~。 だから、「伝染してはいかん」と、元気な奴等を大急ぎで植え替えた。 ところが~、数日後にチェックすると、大きな方がやっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく見て下さいね~。

  寒さにも暑さにも「ぐっ」と我慢して体型を保っている「スーパーゴーラム」。 なのだが~・・・。 ちょっくら気に入らないのは、この葉っぱ。 「いつか、いつか」と待っていたが一向に葉が丸まらない。 そしてこれが昨年6月の姿。 「ご~らむ」なさい、カールしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強風には負けない

  「あっ、やっとfuさん、ボクたちの場所を替えてくれるのかな?」 「西日がギンギン当たって、アッチイの暑くないの。たまんねえよな~」 と、作業台の上に乗せられた「トップスレンダー」。 でも~、何だか雲行きが怪しい。 と、思っていたらカメラを取り出したfuさん。 パチリ、 パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥ずかしいと思いつつ。

  花が終わった「ハムシー」。 「お疲れさ~ん」と呟きながらチョッキンした。 それにしてもビロードのような葉は何とも言えない。 「これを並べて、その上に寝たら心地いいだろうな~」と、変なことを思い浮かべた。 で、こんな風に並べてみた。 花茎は発芽しやすく、捨ててしまうのはも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

summerは嫌いだ~。

  「え~!!」 「マジかよ~」 「ガ~~~ン」 一週間前に水をやった時は何でもなかったのに~・・・。 と、突然の「訃報」に遭遇した「ブルーボーイ」。 フレームの屋根と周りには遮光シートで陽を遮ってあったのに・・・。 水も、乾いていることを確認しながらやっていたのに・・・。 蒸れるほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の代わりに。

  日除けなしで直射日光に晒されている、この多肉たち。 枯れもせず、何とか生きている。 ただ、この「昭和」、全然成長しない。 その代わりというか、ひと足早い紅葉の兆しが。 残念だが、大きくならないので花は見られそうもない。 「しょうわ」ない、今年は紅葉で我慢することにしよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄せ植えは「数」が必要。

  2010年1月15日の写真。 何種類かの多肉を挿したのだが・・・。 2年半後の今の姿。 「若緑」だけが繁って、 下の方に「イリア」らしきものと「星の王子」が。 掘り起こしてみると、元気旺盛な「若緑」と、 貧弱なものがいくつか残ったのみ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は「名有り」に。

  4月26日。 まだ「子ども」はいない。 5月20日。 僅か一ヶ月でランナーがあちこちに。 この時点でカットしておけばよかったのだが、モタモタしているうちに夏になり、今ではこんな姿。 軽石の上なので根が張れないで困っている姿は、何とも気の毒。 と、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おにょにょいたよ~。

  「すげ~・・・」 「この子、ほんとに15歳かよ~?」 と、びっくらこいた、アメリカの天才歌手Jackie Evancho(ジャッキー エヴァンコ)。 数日前、FM番組に出演した際初めて耳にし、その後ネットで探しまくっていろいろ聞くうちに、改めて感動。 歌を聞いただけでは絶対に15歳の少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬は凍るなよ~。

  一週間前に水をやった時はなんでもなかったのに~・・・。 こんなになっちゃっている「ゴールデンクロウム」。 多分カイガラムシの仕業に違いない。 にっくき奴だ。 で、引っこ抜いてみると、何とか根っこは残っている。 でも、途中は多分枯れているので、上の部分だけカットして挿そうと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借金せずに。

  と、「エケベリア」の寄せ植えを、ぐる~っと一周して見てみた。 実はこの「鉢」、百均でゲットした小物入れ。 こんなものでも結構見られるものだ。 あっ、もちろん105円の支払いは現金一括でした。 「ひゃっきん」はしませんでしたよ~。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「駄目」にならないように。

  直径が10cm程度ある「パリダ」なのだが~・・・。 根元が干からびて、こんなになっちゃってる。 「横になっている」と思ってはいたが、まさかこんなに重症だったとは・・・。 管理者として情けない次第だ。 「本人」は可哀想に、自分なりに努力していたようだ。 なので、チュッキ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌で誤魔化した~。

  ワタムシ、カイガラムシが大好物の「古紫」。 ちょっと目を離すと、ギッシリ白い塊になっているので、見つける都度取っているのだが・・・。 その手間のかかる多肉に花が咲いた。 なかなかキレイな花で、オッサンの好きな多肉の一つ。 で~・・・、「これでいつものダジャレを」と思ったのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くから見れば。

  先日記事にしたが、「花が咲いたセンペルでも、もしや復活するのでは?」と花茎をカットしておいた「ラモッティ」。 それが~・・・、復活したことはしたが~、こんなことになっちゃった。 ランナーでも出てくるかと思っていたら、また花芽が。 「なんのこっちゃ、やっぱり花か?」と、チョッピリ落胆。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も竹。

  その辺に転がっていた板を使って作った「鉢」。 でも何だかアンバランス。 で、「どうしようか?」と超低IQの脳みそを絞った結果、こんな竹の切れっ端を見つけた。 これをさっきの「鉢」に、チョチョイのチョイと貼り付けて、出来上がり。 反対から見るとこんな感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊さんは多忙。

  惚れ惚れするように形が整っている「姫牡丹」。 こっちから見たって、見事なものだ。 「予備軍」は、狭い所に押し込められているせいか、ちょっぴり見劣りがする。 と、多肉の話はこれだけなのだが、今日はお盆で、我が家に住職がやって来る日。 坊さんはこの時期、檀家訪問で、目が回るくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹だって、こんなもんじゃい。

  だいぶ前に200円で買ってきた竹。 これを両端の節を残しカットし、両サイドに切れ目を入れ、 次に穴を二箇所開け、この穴の間をジグソーで切り込んだ。 そしてハンマーで思いっきり、「ド~~ン!!」と、ぶっ叩いたのだ。 あとは底穴と把手用の穴を開け、 いつものように吊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折角のお子ちゃま。

  だいぶくたびれて来た「フランクレイノルト」。 と言っても、まだ最盛期の花はあるにはあるが・・・。 でも見切りをつけたオッサンは、「チョッキ~ン」。 そしていつものように未練がましく、下葉を取り、竹串で補正。 で、ここで終わっておけばいいものを、こいつが気になったので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫も「不在」。

  この灼熱の暑さも何のその、見事に咲き誇っている「ハムシー」。 花のスタイルも抜群だ。 もちろんアップにも耐えられる。 そして葉っぱも整っている。 「はむし~」だって付いていないよね~。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「死化粧は嘘」であってくれ~。

  7月15日。咲き始めた。 7月20日。ほぼ満開。 7月27日。ちょっと萎れてきた。 8月3日。花チョン。 と、「クリムゾンベルベット」の花の移ろい。 でも、枯れる前兆のためか、下葉がひどいことに。 「これじゃ、如何にも可哀想」と、ちょっぴり早いが「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋はまだまだ。

  ジャー・ジャーと時々水をやってはいるが~・・・。 水だけではお気に召さないようで・・・。 危うくなってきた地植えの「センペルビウム」。 これも、左側は大丈夫のようだが、右のは下葉に異変らしきものが。 こいつも、そろそろ兆しが・・・。 残りのこの「人」は、今のところは元気そうだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羨ましいな~。

  5月下旬に挿した「ウールヤーン」。 やっとこここまで大きくなった。 ただ一つだけ「変わり者」が。 何故だか「にょきっ」っと芽を出している。 何となく潜水艦の潜望鏡のような・・・? まっ、これだと辺りの景色がよく見えていいか? ん? まわりの多肉が「ボクたち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more